読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bag of ML Words

ML = Machine Learning, Music Love, and Miscellaneous things in daily Livings

C++ 学習記(2): cmake

IDEが使えない可能性を考慮して、C++はlibtool chainかcmakeで何とかしようと思っていた。

で、とりあえずcmakeが簡単そうだったのでやってみる。

 

情報源は

ごく簡単なcmakeの使い方 - Qiita

Learning CMake <-- これ素晴らしい!

 

いま、cmake_testというディレクトリ内に

HelloCPPWorld.cppというC++ファイルだけが存在している。

 

このとき、最低限として以下の内容をCMakeLists.txtというファイルに書く。

 

HelloCPPWorld.cppを作っておく。

Add_definitions("-Wall -std=c++11")

Add_executable(Main HelloCPPWorld.cpp)

 

// HelloCPPWorld.cpp
#include <iostream>

int main(){
std::cout << "Hello CodeLite World";
return 0;

}

 

この状況で、

cmake .  <-- makefileを生成

make

とするとMainという実行ファイルができる。

 

cmakeはヘッダファイル(hpp)の必要なものを指定したパスから買って見つけてくれるので、MakeFileより書くのが楽。