Bag of ML Words

ML = Machine Learning, Music Love, and Miscellaneous things in daily Livings

git(hub)の使い方 自分用メモ(随時修正)

恥ずかしい気もするけど間違えるよりはずっといい。

 

これもメモしていかないと・・・

 

レポジトリやブランチをもらってくる系の操作

 

レポジトリをコピー(clone)してくる

git clone <.git アドレス>

 

特定のブランチをコピー(clone)してくる

git clone -b <branch name> <.gitアドレス>

 

ローカルに新しいブランチを作る

現在のブランチのファイル内容そのままで名前だけ変わる

git branch <new branch name>

 

ローカルで指定のブランチに移る

git checkout <branch name>

 

ローカルの指定のブランチをremote/originに一致(pull)させる

git checkout <branch name>

git pull origin <branch name>

 

git pullは実際にはfetchしてmergeするのに似ている。

あえてfetch, mergeと分けたほうがいいこともある。

特に、upstreamなど、origin以外のリモートレポジトリを参照するとき。

 

あるレポジトリを参照するリモート ブランチに追加。upstreamという名前にする

git remote add upstream <repository .git to refer>

 

自分のmasterを、公式レポのmasterに追従するときとかに使える。(でも、ものとしては公式とは分離しておく、危ないから)

 

git checkout master # これはローカルのmaster

git fetch upstream master   # upstreamの最新masterをダウンロード

git merge upstream/master # upstreamのmasterブランチを、自分のローカルブランチに統合(merge)

 

リモートレポはいくらでも作れる。

 

消す系の操作

ローカルの特定ファイルの修正をなかったことにする

git checkout <file name>

 

ローカルのすべてのファイルの修正をなかったことにする

git checkout .

 

ローカルで特定のブランチを消す

git branch -D <branch name to be deleted>

 

HEADとかの操作系

ローカルで開発しているうちにmasterが進んでいたので、masterの先頭から延びたようにする

git checkout master

git pull origin master

git checkout <developing branch>

git rebase origin/master

 

 

Headとは、ツリーとは。。。

勉強して自分の理解を記録していく

 

rebaseしたらコンフリクトしたので修正してrebase続行

git add <fixed file>

git rebase --continue

 

 

git rebaseよくわからない!取りやめ!

git rebase --abort